上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次にADSLの特徴をご説明します。



大きな特徴

料金が月々2000円代からと安いですが、回線速度は光ファイバーに劣ります。

とはいえ、ADSLでも必要十分な速度が出ます。

手軽にネットサーフィンするだけの場合や、そもそもあまりインターネットをご利用しない場合はADSLをおすすめします。

ADSLの速度はその頻度でお選び下さい。



電話回線の有無

一般的にはADSLは電話回線を使用します。

そのため、ご自宅に電話回線があれば、すぐにインターネットをはじめる事ができます。

電話回線がない場合でも、「電話加入権不要タイプ/ADSL専用型」というプランがあり、ADSL専用の回線を引く事でご利用できます。

ただし、この場合は利用開始日数が遅くなり、料金が若干高くなります。

プロバイダによっては、これと同時にIP電話を申し込む事で電話をご利用できます。



提供地域が広い

光ファイバーよりADSLの方が提供地域が広いです。

光ファイバーを申し込みたくても、お住まいの地域では提供されていない場合がありますので、

その場合はADSLをお申し込み下さい。

提供地域はプロバイダへ確認できます。



工事期間が短い

インターネットの利用開始までには工事が必要です。

光ファイバーは外から光ケーブルをご自宅まで引き込む大掛かりな工事が必要となりますが、

ADSLはご自宅の電話回線をそのまま使用しますので工事期間が短いです。

ただし、マンションの場合は既に光ファイバーの工事済みなら、すぐに光ファイバーをご利用できます。



引越しするなら

まず、上記のように利用開始までの工事期間が短い事が挙げられます。

また、ADSLなら引越し先でもメールアドレスやIP電話番号を変更する事なくご利用できます。

引越し先で光ファイバーのご利用を検討されている人も、光ファイバーは利用開始までの工事期間が長いため、それまでのつなぎとして、

まずはADSLを申し込む事をおすすめします。



自宅とNTT局舎との距離が重要

契約した回線速度は保証されるものではありません。

例えば、50Mbpsのプランを申し込んでも、実際は30Mbpsしか出ないなどという場合がよくあります。

速度が劣化する理由はいろいろとありますが、特にADSLの場合は、ご自宅とNTT局舎の距離が遠いほど速度が下がります。

また、契約した速度が高いほど劣化も激しく、あまりにも遠いと50Mbpsでも12Mbpsでも大差ない速度になってしまいます。

このような場合は、距離の影響を受けない光ファイバーをご利用される事をおすすめします。

逆に近い場合は低額で快適にADSLがご利用になれます。

距離はこちらで調べる事ができます。

目安として2?3キロメートル以内ならそれほど劣化しません。






次へ

TOP

関連キーワード: インターネットサービスプロバイダー 光ファイバー ひかり ADSL Bフレッツ 安い 格安 料金 価格 比較 一覧 ランキング 評判 サービス

スポンサーサイト
トップ ホーム
クレジットカードで節約
プロバイダで節約
ネットショップで節約
ブログライターで稼ぐ
お小遣いサイトで稼ぐ
アフィリエイトで稼ぐ
ブログランキング
以下から投票して頂けると幸いです。

ランキングサイト一覧
検索フォーム
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
この人とブロともになる
フリーエリア


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。