上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<title>タグはSEO対策で最も重要なタグです。

<title>タグを見てどのようなページなのかクローラーは判断しますので、必ずテーマとなるキーワードを含めましょう。

また、タイトルを決めるのにあたって以下の点に注意しましょう。



記号は意味がない

☆や○などの記号は全く評価されません。

使うとしたら、

<title>パソコン関係 | 周辺機器 | スキャナー</title>

のように区切るなどして視覚的にわかりやすくする程度にしましょう。



購買意欲を意識する

例えば、

<title>パソコンとは</title>

だとパソコンの意味を知りたい人が集まりますが、

<title>格安パソコン</title>

ならパソコンを安く買いたい人が集まります。

購入しようと考えている人が興味を示しそうなキーワードを客観的に考えましょう。



ページごとに違うタイトルにする

サイト内のページのタイトルは全て違うものにしましょう。

タイトルが同じだと差別化できないため、関連性も優先度も判断できませんのでSEO的には不利ですし、

訪問者にも区別がしにくくなってしまいます。



文字数はできるだけ少なくする

例えば、「パソコン」というキーワードで上位表示させたい場合は、

<title>パソコンを買うならこちらへ</title>

とするより、

<title>パソコン</title>

とした方が評価されます。

つまり、短いほど1つの単語の評価が増します。

ただし、キーワードだけだと訪問者にわかりづらいので、短さとわかりやすさを天秤にかけて判断しましょう。

また、文字数が多過ぎると検索結果では省略して表示されてしまいますので、

だいたいの目安として全角20文字以内にしましょう。



指示語は使わない

記号同様に指示語も評価されません。

例えば、

<title>これがおすすめです</title>

としても何がおすすめなのかクローラーにも訪問者にもわかりませんので、具体的にキーワードを含めましょう。



キーワードは前に入れる

タイトルは先頭から評価されます。

例えば、「パソコン」というキーワードで上位表示させたい場合は、

<title>今なら大変お得なパソコン</title>

とするより、

<title>パソコンが今ならお得です</title>

とした方が評価されます。



タイトルは変更しない

一度決めたタイトルは以後変更しないようにしましょう。

過度なSEO対策として評価が下がります。

ただし、公開したばかりのページならそれほどリスクはありません。



会社名だけのタイトルは避ける

有名な会社名でない限り、会社名で検索してサイトへ訪れる人は少ないでしょう。

会社名を入れるのは問題ありませんが、扱う商品や事業内容もキーワードとして含めましょう。

これは会社名だけではなく専門用語にも言える事です。



言い換えを考慮する

例えば、「パソコン」というキーワードで上位表示させたい場合は、「パソコン」だけではなく、「PC」や「パーソナルコンピューター」など、

略語や言い換えたキーワードで検索してくる訪問者も受け入れられるようにしましょう。






次へ

関連キーワード: アフィリエイト 初心者講座 やり方 始め方 無料 報酬 ネット収入 稼ぐ方法 儲ける 内職 副業 成功 簡単 アクセスアップ 情報商材

スポンサーサイト
トップ ホーム
クレジットカードで節約
プロバイダで節約
ネットショップで節約
ブログライターで稼ぐ
お小遣いサイトで稼ぐ
アフィリエイトで稼ぐ
ブログランキング
以下から投票して頂けると幸いです。

ランキングサイト一覧
検索フォーム
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
この人とブロともになる
フリーエリア


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。